導入事例2
導入事例 事例2 価格と機能のバランス

導入事例2


導入ミッション
・システムリプレース
・低コストでの導入
・実務に耐えれる機能
・内部統制への対応
導入後の効果
・最小限コストでの導入・運用
・内部統制への対応
・システム入替後もスムーズに運用



経緯
当お客様は以前は他社製の借入金管理システムを利用されていました。
しかし、サポートが既に終了しているWindowsNTで動作するシステムであるため、内部統制対策として現在
サポート中のWindowsXP以上に乗せ換えないといけないということ、またシステム開発元の保守が終了して
しまったため、システムサポートが受けられないということが、今回借入金管理システムの入れ替えを検討
された要因です。
導入を検討する際は数ある借入金管理パッケージソフトの中から3つほど候補を絞り、その中のひとつが
「借換たろう!」でした。

いづれのパッケージも試用版の提供がありましたので、お客様の要求水準を満たしているかをチェックす
るために実際に試用してみて、それぞれのパッケージの機能とコストパフォーマンスを評価されていました。

今回、候補に挙がったパッケージには

①機能面では優れているが、高価である
②低価格ではあるが機能面で不満である

ものがあり、価格と機能のシーソーゲームのような状態でした。その候補の中でも「借換たろう!」は
機能面で、価格面で非常に良いバランスでした。

当お客様では借入金管理は重要な基幹業務として位置付けされていますが、「借換たろう!」は機能面
でも十分にそれに対応できるパッケージソフトである、というご判断を頂いて、ノンカスタマイズで導
入を決めて頂きました。

担当者様の声
 「借換たろう!」で出力されるCSVデータを加工して、各種報告資料や各種財務データを作成して
います。借入金管理はExcelでも管理可能ですが、思っている以上に手間がかかります。

取引金融機関や契約件数が多くなると、なおさら担当者に負荷がかかり、業務効率が低下してしまいます。
また、Excelでの対応で行いますとレイアウトや計算式に担当者のクセが出やすく、業務引継ぎの時などに
十分な理解が出来ず、後任者が使いこなせないリスクが非常に大きいです。

借入金管理業務をシステム化するか否かで、時間や労力は何倍も違ってきますので’低価格’ながら’使える’
借入金管理システム「借換たろう!」を選択して良かったと思います。
導入事例 事例2 価格と機能のバランス